看護師の転職先の探し方

看護師の転職先を紹介会社を使って転職先を探す場合

紹介会社とは、求職者と労働者を募集している企業をマッチングさせるサービスを提供している民間企業のことを指します。

 

看護師の転職の場合、看護師の求人を探している人と医療機関を結びつける役割を担っている会社のことです。

 

紹介会社に登録したからといって、登録者が企業にお金を支払う義務はありません。

 

紹介会社が求職者に金銭を求めることは法律で禁止されているため、求人情報を紹介してもらったり、相談を受けるなどのサービスも無料で受けられます。

 

そんな紹介会社ですが、利用の方法としては、まず、紹介会社のホームページに行き、利用登録をしてください。

 

登録フォームに個人情報を入力して送信すると、紹介会社の担当者から連絡が来ますので、後日紹介会社に足を運んで細かい希望条件を伝えましょう。

 

そして希望に合った医療機関が見つかれば、紹介会社の担当者が医療機関での面接にも同席し、待遇面や休日などのなかなか質問しにくい事項についても交渉してくれます。

 

とにかく紹介会社を通して転職を行うと非常に楽なのです。

 

転職活動には時間も労力も必要ですから、仕事をしながら転職活動をしようとなるとなかなか大変です。

 

しかし、紹介会社を利用すれば、無料で情報収集や応募の手続き、待遇面や休日などの交渉もしてくれますので非常に安心です。

 

それに、キャリアコンサルタントは毎日多くの求職者を担当しているので、客観的かつ的確なアドバイスをくれるでしょう。

 

情報も豊富ですし、地域ごとの病院のことやあなた自身のスキルの評価について教えてもらってはいかがでしょうか。

 

また、インターネットでも紹介会社のホームページから求人検索を行うことができます。

 

もちろん、インターネット上に公開されている求人情報は非常に少ないので、やはり足を運ぶ必要があるのですが、時間のある時に気になる求人を探すのには役立つと思います。

 

ちなみに何故非公開求人があるのかというと、人気の医療機関は応募が殺到してしまうからです。

 

ですから条件の良い求人は登録した人だけに紹介するようになっているのですね。

 

なお、紹介会社が保有している求人数はハローワークやナースセンターの比ではありません。

 

非常に豊富な情報があり、選択肢も幅広くなっています。

紹介会社を使って転職活動をする場合の流れ

1. 紹介会社に登録

 

紹介会社のホームページから登録ページに進み、個人情報(名前、住所、生年月日、連絡先、保有資格、希望条件など)を登録しましょう。

 

なお、紹介会社に直接電話をして登録することも可能です。

 

2. コンサルタントと直接面談

 

登録後は紹介会社に直接足を運び、現在の仕事の状況や経歴、希望条件やスキルについてコンサルタントと面談を行います。

 

その場では、紹介システムについての説明も行われ、紹介できる情報があればすぐに求人情報を紹介してもらえます。

 

 

3. 求人情報の紹介と応募

 

キャリアコンサルタントと面談した時の内容を元にして、電話もしくはメールで求人情報が紹介されます。

 

連絡が来るまでの間、インターネット上に掲載されている求人情報に気になる案件があれば直接問い合わせることも可能です。

 

4. 応募と面接

 

紹介会社から提案された求人情報が気に入ったら、見学や面接の日程を紹介会社が先方と調整してくれます。

 

また、面接時にはキャリアコンサルタントが同席してくれるケースがほとんどで、待遇や休日などの求職者本人では質問しにくいことを聞いてくれたりします。

 

5. 内定

 

面接後、双方の条件が合致したところで内定になります。

紹介会社の仕組み

紹介会社に登録すると、紹介会社が持つ多くの求人情報の中から求職者自身や求職者の求める条件に適した職場を紹介してくれます。

 

看護師が転職する場合には、医療業界に関する知識を持ったキャリアコンサルタントが対応してくれます。

 

しかし、紹介会社が最適だと思う職場と求職者自身が最適だと思う職場が全く同じかといったらそうではない場合もあります。

 

実は人材紹介のビジネスは、求人を載せる側が紹介手数料を支払うことで成り立っているのです。

 

医療機関が看護師を採りたい場合、医療機関が紹介会社に依頼して看護師を探してもらいます。

 

紹介会社は登録している求職者の中で、その医療機関に合いそうな看護師を探し出し、その人に求人情報を紹介するというわけです。

 

そこで、看護師側がその医療機関で働きたいという意思を示せば、面接の準備に取りかかります。

 

そして、医療機関に面接させ、条件が合えば内定を出すという仕組みです。

 

紹介手数料は採用が決定した段階で支払う必要があり、採用した看護師の年収の30%程度を紹介会社に支払います。

 

このように求職者にとっては無料で様々なサービスを受けることができ、医療機関にとっては条件にマッチした看護師を採用できるわけです。

 

紹介会社によっては就職お祝い金をプレゼントしているところもあるようです。

 

しかし、このお金は医療機関が支払った紹介手数料からプレゼントされています。

 

つまり、採用が決まれば決まるほど、医療機関から紹介手数料が支払われるため、紹介会社としては多くの採用を決めたいところでしょう。

 

そのため、本当に一人ひとりの看護師に対して、最適な医療機関を厳選して紹介しているのだろうかという疑問が浮かんできます。

 

全ての紹介会社がそうであるとは言い切れませんが、実際のところ、ほとんどの紹介会社が多くの求職者がとにかく就職できるように均等に振り分けているでしょう。

 

そのような背景を考えると、果たして本当に「最適」な医療機関を紹介されるのかどうか、疑問に感じると思います。