看護師の転職先の探し方

看護師の転職先の探し方へようこそ

転職を希望している方は、まず求人情報を集めることから始めましょう。

 

転職に関する情報収集には様々な方法があります。

 

近年はインターネットの普及により、かなり手軽に転職情報を入手することができるようになりました。

 

「看護師」「転職」「病院」「求人」などのキーワードを入れて検索すれば、様々な人材紹介会社のウェブサイトがすぐに見つかります。

 

このような人材紹介会社のウェブサイトでは自分の希望に合わせて検索することができるので、効率良く情報を集めることができます。

 

希望のエリアや業種など、自宅にいながら自分の条件に合った求人情報を探せるのが良いですよね。

 

しかし、病院によっては施設名を伏せて求人情報を載せているところも多く、人材紹介会社までわざわざ足を運ばない限り、詳細な情報を得られないというシステムとなっていて、その点は少々厄介だと言えます。

 

また、人材紹介会社の他にもハローワークや看護協会のナースセンターでも情報を得られますし、知人の紹介を頼りにするという手もありますので、幅広い視野を持って転職に関する情報収集に努めましょう。

ハローワークで転職情報を集める場合

近年、転職活動と言えばインターネットが欠かせない世の中になり、人材紹介会社もどんどん増えていますが、これまでは「ハローワーク」で求人情報を探すのが一般的でした。

 

ハローワークというと、いかにも失業者が通うというイメージがあり、訪れるのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、何も失業者だけを対象にした施設ではありませんので、在職中であってもどんどん求人情報を紹介してもらうなど、活用してください。

 

またハローワークの持っている求人情報は自宅にいながらインターネットで検索することが可能です。

 

「ハローワークインターネットサービス」と検索すればすぐに求人情報を検索することができます。

 

ただし、ハローワークの持っている求人というのは、あらゆる業界の求人情報の寄せ集めなので、医療分野に関して特に強みがあるわけではないという点が弱みです。

 

そのため、看護師の転職ならではの、「夜勤無し」や「二交代制」といった細かい条件に絞って求人検索を行えない点が少々使いにくいと言えるでしょう。

 

さらに、人材紹介会社のウェブサイトと同様で、インターネット上には病院名やその他の情報を公開していない求人情報も多く、結局はハローワークに足を運ぶ必要があります。

 

それに、ハローワークの求人情報の中には古い情報が掲載されていることもしばしばあり、あまりこれといった求人情報に当たらないことも少なくありません。

 

それはハローワークが民間の人材紹介会社ではなく、公的なサービスであるという性格上、仕方のないことではありますが、どうしても業種に絞った情報の提供は得意ではないようです。

 

当然、求人を掲載してもらう側の病院にはコストがかかりませんので、致し方のないことではあります。

 

ですから、その点を良く理解した上で、ハローワークを利用するようにしましょう。

 

なお、看護師だけにこだわらず、様々な業種の求人情報も見てみたいという人や、失業給付に関する手続きを行いたいという人にはハローワークの利用が役に立つかもしれません。

 

しかし、一刻も早く転職先を見つける必要がある場合はハローワークでは時間がかかってしまうかもしれません。

看護協会のナースセンターで転職情報を集める場合

都道府県の看護協会運営のナースセンターは、各都道府県に点在しています。

 

看護協会のナースセンターでは、無料で求人を案内してもらえるだけでなく、最新技術や知識を学べる研修会にも出席できますし、就職に関する相談にも乗ってもらえます。

 

もちろん、個人的な相談にも応じてもらえますので、悩んでいることがある人は積極的に利用してみると良いでしょう。

 

さらに看護協会は「eナースセンター」というインターネット状で仕事を検索することのできるシステムを運営しています。

 

ただ、一つ注意していただきたいのは、同じような名前でウェブサイトを運営している民間の紹介会社が存在するということです。

 

ですから、運営主体を初めに必ずチェックするようにしてください。

 

また、eナースセンターに登録されている求人の件数はそれほど多くありませんので、あまり期待できないと考えておいた方が良いかもしれません。

 

eナースセンターは看護協会という公的機関によって運営されているのにも関わらず、かなり情報が少ないのです。

 

特に地方の市民病院に関する情報が非常に少ないので、地方で就職したい方には頼りないかもしれません。

 

それでも研修やイベントに関する情報を得る事ができるので、有効に活用するようにしてみてはいかがでしょうか。

知人の紹介で転職情報を集める場合

知人の紹介で、転職情報を集めることもできます。

 

看護業界は実は非常に横のつながりが多く、看護学校の先生や病院の先輩や同僚など、頼りになる人がたくさんいると思います。

 

おまけに、現在は看護師が不足している病院が多いので、思ったよりも早く転職先が決まる場合もあるでしょう。

 

病院によっては、看護師を紹介した職員に謝礼金を支払っているところもあるようです。

 

ただし、知人に紹介された場合、まずは看護部長と会って話を聞いてみようと、実際に話をしたら思っていたのとは少し違うと思っても知人と気まずくなるのが嫌で無理に引き受けてしまったり、いざ働き出してみて、どうしても自分に合っていないと感じても辞めにくくなってしまいますので、sの点は注意が必要です。

 

それでも、知人からの紹介であれば、あらかじめ病院の特徴など、詳細に教えてもらうこともできるでしょうし、多少の安心感はあるでしょう。

 

自分も知人も満足のいくような結果にするためには、知人ばかりを頼るのではなく、自分でも積極的に情報を集めるべきです。

 

その上で、そこで働きたいと感じたら、その段階で看護師長に会ってみて話を聞いた方が失敗が少なくなるでしょう。

 

何でも安易に行動するのではなく、「話だけでも」と言われても、入念な準備をしてから臨むべきです。

 

中には話を聞くだけのつもりで訪れたのに、初めから入職するつもりだと思われて、どんどん話を進められてしまったというケースもありますので、相手にも迷惑をかけないように、慎重かつ確実に行動して下さい。

ハローワーク各種窓口利用時間

■ハローワーク
《 平日 》8:30から17:15

 

■ハローワーク(都市部)
《 平日 》8:30から19:00
《 土曜 》10:00から17:00

 

※事業所ごとに窓口の営業日および時間が異なりますので、訪問時にはあらかじめ確認するようにしてください。

 

■ハローワークインターネットサービス
https://www.hellowork.go.jp/

ナースセンターの営業時間

■ナースセンター(都道府県)
《 平日 》9:00から16:00

 

※ナースセンターの中には土曜も営業しているところもあります。なお、営業時間もそれぞれ異なりますので、訪問時にはあらかじめ確認するようにしてください。

 

■e-ナースセンター
https://www.nurse-center.net/nccs/top/